【イベントレポート】星空観察会「ほしのよる」 in よるまきの(2019/2/16)

イベントレポート

2月16日土曜日の夜、牧野植物園にて星空観察イベント「ほしのよる」を実施しました。
夜の植物園に設置したブースに気軽に立ち寄って、気の向くままに星空を楽しむ、月に一度の企画です。

3回目となる今回は、スーパームーンを間近に控えた月や、冬の星空をご案内。目で見るだけでなく望遠鏡や双眼鏡でも楽しんでいただきました。

夜の植物園「よるまきの」

ライトアップされた園内はとても良い雰囲気です。オシャレな気分で植物に囲まれながら星も堪能できるのが、「よるまきの」の魅力の1つ。
開催中のラン展では、豊富な種類のランたちが温室内に展示されています。中には星の形のようなランもありました!!

こういう形のものに目が行ってしまうのは、星好きあるあるかもしれません笑
植物の中にも☆を探してしまいます。

日没は17時半ごろ。暗くなるまでにまだ時間があるので、南園を見渡せる温室前から、遠くに見えるツバキカンザクラを、天体望遠鏡で観察。(○で囲ったところ)

つぼみが閉じてつぶつぶと並んでいるようすが、星団みたいで愛らしかったです。ピンクの花がぎゅっとしまっていますが、咲くとほころんでやわらかい色になるのだそう。牧野植物園でぜひ見てみてくださいね!

いよいよ星空観察スタート!

暗くなってくると、一気に寒さが増し、雲がちだった空がだんだんと晴れてきました。
飛行機雲がほしぼしを結んで、まるで星座を作っているかのよう。

頭のほぼ真上に冬の星座が居並んでいます。オリオン座、ふたご座、おおいぬ座などをご案内。
みなさんで一緒に星座を探します。
はやぶさ2の話題などもお届けしました。

天体望遠鏡では月を観察。
今年一番大きく見える満月、「スーパームーン」を控え、お月さまが輝いて見えていました。
「明るい!」「すごい!」「クレーターまで見える~!」と盛り上がりました!

毎回人気のスマホで月撮影。私もパシャっと。

気づけばあっという間に閉園時間に…!
今回も楽しい「ほしのよる」でした。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

<イベント概要>
日時:2019年2月16日(土)17:00~20:00
場所:高知県立牧野植物園 温室前スペース
講師:star watching design イワシロアヤカ
参加方法:事前予約不要、参加無料

次回の「ほしのよる」

「ほしのよる」次回の開催は、3月30日(土)17:00~の予定です。
夜桜と春の星ぼしを一緒に楽しみましょう♪(イベント情報はこちら