12/12(土)19(土)よるまきの クリスマスナイトで「星空観察会」

牧野植物園 クリスマスナイト

STORY ストーリー

イエス・キリストが生まれたとき、ベツレヘムの星という印があらわれたといいます。天文学的にはこの星が何だったのかはいろいろな議論がされています。クリスマスツリーのてっぺんに飾る星は、このベツレヘムの星なのですが、いったい何の星だったのでしょうか。

クリスマスといえばサンタクロース。サンタクロースも空を飛んで子供たちにプレゼントを配って回ります。
その動きはまるで流星のよう。

クリスマスは、空にたくさんの夢が詰まったイベントなのです。
空を見上げて、空を想って、過ごすのはいかがでしょうか?

よるまきの クリスマスナイト

牧野植物園が夜間開園する「よるまきの」。

「クリスマスウィーク(12月12日~25日)」のよるまきのでは、クリスマスムードに包まれた園内で、おいしいケーキやディナー(要予約)が楽しめます。

12日、19日のサタデーナイトには、星空観察会を実施します★
望遠鏡を使った星の観察はもちろん、クリスマスにまつわる星のお話をご紹介しながら一緒に楽しみます。

15日が新月となるため、12日は月明かりがなく星座をつくる星たちが主役。14日朝に活動のピークとなる「ふたご座流星群」の流れ星も現れるかもしれません。

19日はこんこん山から見下ろす南園の空に、五日月が美しく輝くでしょう。

とても寒い季節です!防寒対策・感染対策を十分にしたうえでご参加ください★

イベント概要

よるまきの クリスマスナイト

日 時 12月12日、19日 17:00~20:00
場 所 牧野植物園 こんこん山
参加費 無料(※別途入園料が必要です)

お申込み等は不要です。ご来園の方に、随時ご案内いたしております。
ぜひお気軽にお越しください!

クリスマスナイトについて詳しくは牧野植物園のWEBサイトをご覧下さい。